アイドリング!!!のまとめ集

アイドリング!!!のブログ、twitter、インスタグラムをまとめました。

友達と共有する

関谷真由Sekiya Mayu 4057

関谷真由 - 関谷真由

関谷 真由(せきや まゆ、1995年7月31日 - )は、日本の女優、ポップシンガー、タレント。神奈川県横浜市出身。アワーソングスクリエイティブ(ケイダッシュ系列)所属。

ガールズデュオ「BESTIEM」(ベスティム)のメンバー。以前は「アイドリング!!!」などに在籍し、現在はその後継集団「メンテナンス」にも籍を置く。

出典:Wikipedia

新バージョンのまとめ集もCHECK!

情報のストック、お気に入り、会員登録、掲示板など機能が満載

新・関谷真由のまとめ集

関谷真由のブログ

1年前
OZMAFIA!!
舞台『OZMAFIA!!』9月10日に千秋楽を迎え全7公演無事終了致しました!!ご来場頂いた皆様、応援して下さった皆様本当にありがとうございました!!約1カ月間、皆んなで創り上げた世界。それは本当..
1年前
2017/09/13
こんばんは!とってもお久しぶりのblogになってしまいすみません(泣)最近は活動中の古橋舞悠とのユニットBESTIEMで、メルマガ配信もしていたりしているのですがこちらのblogも並行してまた書い..
2年前
ソウサイノチチル
2017.4.26〜5.3 舞台 「ソウサイノチチル」 全公演終了致しました!!!🌸何度も再演され、たくさんの方から愛されている作品「ソウサイノチチル」「東京のぺいん」に続き、またえのもと..
2年前
さきいか食べながら書いてます♡
こんばんは(*´ω`*)タイトル通りさきいか食べながらブログを書いてます。せきやです。笑最近はX-QUESTさんの『ファントム・ビー』の稽古に励んでいます!舞台で殺陣やアクションをやるのは初めて。..
2年前
Key Word
おはようございます(*^_^*)久しぶりのブログになってしまいすみません!(´;ω;`)2017年1発目の舞台『Key Word』無事全ての公演が終了しました(;_;)顔合わせから..
2年前
2016年ありがとうございました☆
2016年もあと少し!!!今年も1年大変お世話になりました✨😌アイドリング!!!を卒業して迎える初めての年。2016年が始まった頃は1年後の自分を想像する事が出来ませんでした。たくさん不安もあり..
2年前
DADDY WHO?
こんばんは(*^_^*)久しぶりの更新になってしまいごめんなさい(´;ω;`)天才劇団バカバッカvol.18「DADDY WHO?」 11月27日に無事全公演終了致しました!!.。゚+.(;;)!..

関谷真由のtwitter

(^○^) 2ちゃんねる(関谷真由)

関谷真由の関連動画

2018/10/18
関谷真由が読む「斜陽」YouTube版
2018/05/23
✅ 元アイドリング!!!の古橋舞悠と関谷真由によるユニット、BESTIEMが2ndシングル「Hanky Panky Funky Punky! feat. MIRI」を明日5月23日にリリースする。
2017/11/10
関谷真由が見事なコメディエンヌぶりを発揮 舞台「スーパーマンガ大戦」が熱い
2017/05/25
三谷美菜津 VS 関谷真由

アイドリング!!!のまとめ集が気に入ったら
「いいね!」をしよう!

MATOMEDIAの最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本日の注目ニュース

アイドリング!!!について


アイドリング!!!』は、フジテレビのCS放送および地上波にて、通算1300回以上放送されたバラエティ番組。

オリジナルはCS放送で、2006年10月30日の放送開始時から2009年3月まではフジテレビ721(現フジテレビTWO ドラマ・アニメ)で放送され、同チャンネル初の帯番組であったが、CS放送のチャンネル再編に伴い、2009年4月よりフジテレビONE(現フジテレビONE スポーツ・バラエティ)で放送していた。

2015年4月3日より、番組名が『アイドリング!!! 10年目の明日ング!!!(アイドリングじゅうねんめのあしたング)』となったが、放送回数は通算されている。

一方、地上波で放送されていた『アイドリング!!!』は、2010年10月に『アイドリング!!!日記(アイドリングにっき)』より改題されたもので、CS放送のダイジェスト版的な位置付けである。この地上波版、および2008年7月から8月にかけてCSで放送された『アイドリング!!!冒険王ング(アイドリングぼうけんおうング)』についても記載する。

なお、正式名称は「アイドリング!!!」(「感嘆符」が3連)であり、「アイドリング!」や「アイドリング!!」は誤表記。

出典:Wikipedia

公式ホームページ

公式twitter

スポンサーリンク

公式Facebookページ

更新情報をチェック

スポンサーリンク